KASAI TOMOHITO

笠井 友仁

笠井 友仁Kasai Tomohito

エイチエムピー・シアターカンパニー アートディレクター
一般社団法人日本演出者協会会員
NPO法人大阪現代舞台芸術協会(DIVE)前理事長

略歴

1979年大阪府八尾市生まれ。宮城県仙台市出身。
1997年に近畿大学文芸学部芸術学科舞台芸術専攻に入学。在学中に大橋也寸氏より「ルコック・システム」、松本永実子氏より「スタニスラフスキー・システム」、神澤和夫氏より「モダンダンス」を学ぶ。
1999年にドイツの劇作家ハイナー・ミュラーの『ハムレットマシーン』を研究するプロジェクトを始める。大学を卒業後、2001年に同プロジェクトのメンバーを中心に劇団「hmp(現在名は、エイチエムピー・シアターカンパニー)」を結成。2008年3月まで同劇団の代表を務め、現在まで同劇団の全作品を演出している。
演出活動のほかに2004年にNPO法人ダンスボックスと提携し「新世界フィジカルシアターフェスティバル」をフェスティバル実行委員長として企画・運営。
同じく2004年から近畿大学国際人文科学研究所研究員として、ドイツ演劇を中心に舞台芸術の研究を開始。
2008年6月にNPO法人大阪現代舞台芸術協会の理事に就任し、2014年6月から2020年6月まで同法人の理事長を勤めた。
2008年にドイツ・ベルリンの演劇祭Theatertreffenの国際フォーラムにゲーテ・インスティトゥート大阪・京都の推薦により招待された。

受賞歴

  • 日本演出者協会主催「若手演出家コンクール」優秀賞受賞(2005年『traveler』の演出により)
  • 文化庁芸術祭演劇部門新人賞受賞(2014年『アラビアの夜』の演出により)

主な演出作品(2009年~)

  • 2009.02 堺市文化振興財団主催 『5人の作家の5つの視点』 ウエスティホール(大阪府堺市)
  • 2014.11 エイチエムピー・シアターカンパニー主催 『アラビアの夜』 アイホール(兵庫県伊丹市)、金沢市民芸術村(石川県金沢市)、パトナシアター(宮城県仙台市)

主な教育活動

  • 世界演劇講座講師(2006年~現在まで)
  • 大阪府中学校演劇協会「演劇夏季学校」ワークショップ講師(2008年~現在まで)
  • 大阪府高等学校演劇連盟「高校生のための演劇講習会」ワークショップ講師(2010年)
  • NPO法人大阪現代舞台芸術協会「舞台芸術ゼミナール」プログラム・ディレクター(2010~2011)

主な制作作品(2009年~)

  • 2009.07 『Kebab』 作 Gianina Carbunariu 演出 Enrico Stolzenburg 精華小劇場(大阪市)
  • 2012.02 日韓演劇フェスティバルin大阪 一心寺シアター倶楽、ドーンセンター(大阪市)
劇団について
トップページに戻る